活動内容

基本方針

私たち工業会は、会の基本方針として
フロンの適正な運用・管理を社会全体に広める
専門技術者集団としての地位の向上
を柱として、更に「働き方改革への取組み」「若年入職者の確保」等の諸問題を、使命感をもって会員全員で共有して行きます。

今年度の事業としては、本年も委員会を中心とした各事業を推進し、それに伴い各支部の活動が活発化すれば良いと思います。
また、事務局を含めて円滑な運営が出来る体制にしていきます。

 

活動報告

令和2年5月20日(水) 第8回 定時総会書面審議開催
令和2年5月22日(金) 第1回 書面により理事会開催
令和2年6月24日(水) 第2回 理事会開催
令和2年9月23日(水) 第3回 理事会開催
 

各事業委員会の報告

 

総務委員会 基幹技能士の開催案内を会員の啓蒙をした。
広報委員会 ホームページの改編作業を行った。
一種・二種冷媒フロン取扱技術者講習会の案内を更新した。
交流委員会 9月23日に県立アカデミー会津校訪問を行い、電気配管設備課一年生と面談をして、協会・会員企業のPRを行った。
 
技術委員会 RRC認定冷媒回収技術者登録講習会が令和2年9月25日に郡山市南東北総合卸センターにて、38名の受講者で開催予定。
10月6日第一種冷媒フロン類取扱技術者講習会が受講者21名打切りにて郡山市南東北総合卸センターにて開催予定。
第一種・二種フロン更新講習が9月10日郡山市南東北総合卸センターにて開催予定・15日いわき市生涯学習プラザ・17日福島県青少年会館にて各会場午前午後2回開催した。更新受講者は郡山会場2回計61名、いわき会場計39名、福島会場計27名の合計127名の受講者でした。

 

一般社団法人福島県冷凍空調設備工業会

Copyright© The Fukushima Refrigeration Air Equipment Industry Association. All rights reserved.