‘工業会トピックス’ 一覧

平成29年新年のご挨拶

2017.01.07

当工業会の理事長 古川敏博より新年のご挨拶をさせていただきます。

 

年頭所感

新年明けましておめでとうございます。

平成29年の年頭に当たりまして、一言ご挨拶を申しあげます。

毎年深刻に成っております地球温暖化に対し、昨年相次いで世界規模のニュースが流れました。一つは10月15日にルワンダで開催されていたモントリオール議定書締約国会議で代替フロン(HFC)を段階的に生産規制することを盛り込んだ改正案を採択しました。これにより日本を含めた先進国は2036年までに生産量を85%削減することに成りました。また、11月4日には2020年以降の国際的な地球温暖化対策の「パリ協定」が発効されました。この二つのニュースは「パリ協定」の目標である気温上昇を2度未満に抑え、さらに1.5度に収めるよう努力することに大きな期待が持てます。

私達が普段使用している冷媒ガスは、高い温室効果を持つフロン類で有り、漏洩すると二酸化炭素の数千倍の温室効果が有ります。このフロン類の漏えい量が急増していることを背景に、「使用の合理化」や「管理の適正化」などの包括的な規制処置を講じた「フロン排出抑制法」が平成27年4月1日に施行されました。すでに一年以上が経過しましたが、この法律が周知徹底しているとは思われません。私たち工業会は、重要推進事業として法の遵守に向けての広報活動や環境創りを今後ともをしっかりと遂行し、周知啓発に努めたいと思います。また、その他の事業もたくさん有ります。会員企業の皆さまと共にこれらの事業をひとつひとつ推進して行きたいと思います。

これまで以上に当工業会の社会的責任は増えると思いますが、会員企業の皆さまとしっかりと責務を果たして行きたいと思います。また今年は工業会創立50周年を迎えます。これまでの歴史を創って頂いた諸先輩方に感謝をし、節目を機に一層の飛躍を目指して行きたいと思います。さらに今年は、青年部が立ち上がります。若い世代の活躍に大いに期待をしたいと思います。最後になりましたが、今年一年が会員企業の皆さまにとりまして「輝ける一年」になりますようご祈念いたしまして新年のご挨拶といたします。

理事長 古川敏博

 

第4回定時総会開催の報告

2016.06.06

IMG_9932

平成28年5月9日(月)午後3時より福島市・奥飯坂「摺上亭大鳥」にて開催いたしました。

第1号議案 平成27年度事業報告

第2号議案 平成27年度決算報告

第3号議案 平成28年度事業計画

第4号議案 平成28年度収支予算

第5号議案 役員改選の件

第6号議案 会員異動承認の件

第7号議案 青年部会成立承認の件

第8号議案 定款変更の件

第9号議案 福島県冷凍空気調和機器施工技能士会移管の件

以上滞りなく承認されました。

 

役員改選につきましては下記の通り承認されました。

      理  事  長 古川敏博(株式会社光和設備工業所)

      副理事長 色摩啓司(有限会社武蔵プラント)

      副理事長 赤城 勇(有限会社福島空調システム)

      顧問理事 川田政雄(株式会社川田冷凍サービス)

      理  事 笠 雅樹(大栄コールドチェーン株式会社)

      理  事 伊藤紘一(株式会社伊藤商会)

      理  事 伊藤隆博(伊藤冷機工業株式会社)

      理  事 栗原一家(富士冷熱機器株式会社)

      理  事 我妻顕彦(東冷機工業株式会社)

      理  事 宇野一夫(株式会社エアーテック)

      理  事 遠藤 勇(北関東空調工業株式会社)

      理  事 半谷智栄(双葉設備工業株式会社)

      理  事 村山祐二(株式会社村山鉄工所)

      監  事 鍛冶輝雄(鍛冶共同会計)

      監  事 大竹 隆(鍛冶共同会計)

 

平成28年度年頭のご挨拶

2016.01.07

謹んで新春のご挨拶を申し上げます。旧年中は会員企業を含め、多くの関係機関の皆様に、ご協力ご厚情を賜り誠にありがとうございました。

さて、昨年4月より施行されました「フロン排出抑制法」に対し、当会でも準備を進めてまいりました。周知活動、点検ができる専門技術者の育成。法令の尊守、理解に努めてまいりました。おかげさまで全国では4万人弱、本県でも1種、2種を合わせて600名近くの「冷媒フロン類取扱技術者」を育成することができました。今後も継続して講習会開催を実施していく予定です。

しかし、残念ながら法改正の周知はまだまだ足りず、建設現場、解体現場等における担当者、エンドユーザーへの理解不足を感じます。本年度は、公益信託助成金をいただきながら、会津地区(3月10日)、いわき地区(3月11日)の2カ所で法改正の説明会を開催する予定です。行政担当者、建築関連業者、多くのエンドユーザーにぜひご参加いただきたいと思っております。

また、昨年度より銅管ロー付け作業の溶接技術講習会を開催しております。漏えいのない設備には、工事施工時の溶接技術の向上が不可欠です。全国各地40カ所で行っておりますが、当県では2月20日・21日福島市にて開催予定です。いまさらロー付け講習会などと軽い気持ちで参加した他県のベテラン技術者が「途中から真剣になり、改めて溶接技術を学びました」と感想を述べておりました。ぜひ各企業の後継者育成のためご活用ください。

本年も昨年より引き続き、他継続事業も含めて活動してまいります。皆様のご協力ご理解をなにとぞ宜しくお願い申し上げまして、簡単ではございますが、新年のご挨拶とさせていただきます。

代表理事 川田政雄

 

一般社団法人福島県冷凍空調設備工業会

Copyright© The Fukushima Refrigeration Air Equipment Industry Association. All rights reserved.